国際交流ソサエティ千葉

国際交流ソサエティ千葉

団体所在地 〒263-0041 千葉市稲毛区黒砂台1-16-4
TEL 043-241-3980
FAX 043-246-5425
代表者氏名 会長 土屋 津以子
設立目的

千葉市とカナダノースバンクーバ市と姉妹都市となりホームステイ引率教師と実弟との国際結婚を機に両国のかけ橋役となり設立した。国際親善と理解。

会員数 会員 30名 会費 なし(会員のバザーなどによる)
入会条件

会員の推薦

ボランティア制度

カナダ他来日学生、県人会友人のホームステイ 8名

主な活動

外国人相談、留学生支援、海外への人的支援、交流事業(イベント等)

具体的な内容

1.カナダ、グレートバンクーバー千葉県人会。千葉県知事杯を平成10年に千葉県国際交流課を通しバンクーバーに贈ってあり、現在も持ち廻りで使用している
2.曹小紅副市長、天津市人民政府及び天津市残疾副利会との交流
3.県、市の国際交流事業に参加
4.平成17年よりロシア、サンクトペテル市第83番学校日本語学校と交流
平成22年よりロシア、ウラジオストック市第1番学校日本語学校と交流

協会のPR

会を設立して40年近い歴史が実を結び始めた。多くの留学生支援をベースにバンクーバーには千葉県人会を中国天津市・威海市などの人民政府の連けいによる教育、文化、経済、研修生受入などスムーズに実行出来る様になった事は最大の成果である。特に天津市副市長曹小紅氏は女性であるが千葉大留学生当時は身元引受を行っている。
バンクーバ市街対岸のノースバンクーバには千葉公園があり、実弟アキオ早山の記念樹が、ノースライオンズクラブから贈られている。又元市長ジャクラウクス記念公演にはアキオ早山記念ベンチも共に贈られている。

内容は変更される場合があります。最新の情報は各団体へお問い合わせください。
TOP